ルプルプの色落ちが気になる!1回染めたらどのくらいもつの?

るぷるぷ質問

ルプルプがヘアカラートリートメントタイプだと知って、「すぐに色落ちするのでは?」と不安になっていませんか。

確かに、市販の白髪染めや美容室で使われている薬剤とは違うので、自然に色が薄くなっていき色落ちするのは事実です。

そこで今回は、なぜルプルプが色落ちするのかを詳しく説明します。さらに、ルプルプの色落ちを防ぐコツも伝授しますので、どうぞ最後までお読みくださいね!

ルプルプは色落ちします!

最初に、ルプルプの特徴を簡単にお伝えします。ルプルプは、ヘアマニキュアタイプの白髪染めなので、どうしても色落ちすることは否めません。
もし、ルプルプを一切使わなくなれば、シャンプーの度に少しずつ色素がとれて、2~4週間程度で色落ちします。

もちろん、染まったあとに、週に1~2度、一定の間隔で使用していれば色落ちしません。
一般的な白髪染めと比べた場合、ルプルプは色落ちすると言えます。その代わり、頭皮と髪に優しい染毛料を使っている点も特徴です。

また、一般的なヘアマニキュアと比べるとルプルプは染毛力が高いため、色落ちは少ないと言えるでしょう。

ルプルプが色落ちするのはナゼ?

それでは、ルプルプが色落ちするのはなぜなのか、どんな染毛料を使っているのか、さらに詳しく見ていきましょう!

色落ちする理由1:ルプルプの染め方

一般的な白髪染めとヘアマニキュア、ルプルプでは、染毛料の種類や脱色するか否かでダメージや色落ちに違いがあります。まずは表をご覧ください。

【白髪染めの種類と特徴】

特徴 半永久染毛料 永久染毛剤
ルプルプヘアカラー
トリートメント
一般的なヘアマニュキュア
市販品や美容室専用
染毛料のタイプ 弱アルカリ染料
(天然染料+化学染料)
酸性染料
(化学染料)
酸化染毛剤など
pH 弱アルカリ性 酸性 アルカリ性~弱酸性
脱色 なし なし あり
髪や頭皮へのダメージ 少ない 少ない あり
色落ち あり あり 少ない

一般的なヘアマニキュアやルプルプヘアカラートリートメントといった半永久染毛料は色落ちしますが、作用が穏やかな染毛料で髪表面のキューティクルを染めるため、髪や頭皮へのダメージが少なくて済みます。

一方、市販品や美容室で使う永久染毛剤はあまり色落ちしませんが、強い染毛剤でキューティクルを強制的に開き、脱色してから染めるため、髪や頭皮にダメージがかかります。

色落ちする理由2: キューティクルの開き

うろこ状をしたキューティクルは、水分や強い刺激、アルカリ性に触れると開きやすくなる性質を持っています。
すると、せっかく定着していたルプルプの色素が流出してしまい、色落ちしやすくなってしまうのです。

また、髪は強い洗浄力のシャンプーや、ドライヤーの熱、パーマ液に頻繁にさらされると、キューティクルが開くだけでなく、たんぱく質や水分が流出して髪が傷むため、ルプルプが色落ちしやすくなります。

ルプルプ以外でも色落ちや色移りはある!

ルプルプで染めたあとに大量に汗をかくと、髪表面に付着した染毛料が色落ちし、タオルや枕、衣類などに色移りすることがあります。
これは、キューティクルが汗(水分)に触れて開くのが原因なので、ルプルプ以外のヘアマニキュアでも同じです。

また、整髪料を大量に使った場合も化学反応によって色落ちや色移りすることがあります。

ルプルプを色落ちさせないコツ

ルプルプを色落ちさせないコツは、キューティクルをとことん守ることにあります。色落ちを防ぐ具体的なコツを見ていきましょう!

頭皮と髪をしっかり洗い流す

ルプルプの洗い残しがあると、色落ちしたように感じることがあります。ルプルプを使用した日は、ぬるま湯で頭皮と髪をしっかり洗い流すのが大切です。
特に、部分染めではなく髪全体を染めた場合は、洗面器のため水で色が出なくなるまで洗い流しましょう。
洗い残しがちな生え際、うなじ、耳回りは、鏡を見ながら茶色い色素がなくなったかチェックします。色素は軽く指でこすると簡単に落ちます。

洗浄力の穏やかなシャンプーを選ぶ

ドラッグストアなどで手軽に購入できる大量生産品のシャンプーは、洗浄力が強いことがあります。

ラウリル●●、ラウレス●●、硫酸●●といった成分は洗浄力が強いと言われていますので、髪が傷みがちな方は一度表示を確認してみましょう。

タオルでゴシゴシ拭くのは厳禁

髪をタオルでゴシゴシと力任せに拭くと、摩擦でキューティクルが傷んで色落ちしやすくなります。

タオルに髪の水分を吸着させるイメージで、頭をジワーッと押さえるようにして水分を除去しましょう。吸水力のよいヘアドライタオルなどのアイテムを利用すると便利です。

髪や頭皮にダメージを与えない!

髪や頭皮にダメージを与えないように、次のような工夫をしましょう。

  • 髪を濡れたまま放置しない。
  • ドライヤーで髪を乾かすときは20センチほど離す。
  • 頻繁にパーマをかけない。
  • 帽子や髪の毛にも使える日焼け止めスプレーで紫外線を防ぐ。
  • 健康な髪を作るたんぱく質やビタミン、ミネラルなどを不足させない。
  • 睡眠不足やストレスを解消する。

ちょっとした工夫で色移りを防ぐ

スポーツなど、大量に汗をかくことがわかっている前日は、ルプルプの使用を控えるのも1つの手です。
しっかり頭皮と髪を洗い流していればめったに色落ちしませんが、念のため濃い目の洋服を着るなど、小さな工夫で色落ちによる色移り対策をしましょう。

ヘアカラー用シャンプーを利用する

ルプルプでは、色落ち防止とダメージを補修するヘアカラー用シャンプーを販売していますので、色落ちや髪の傷みが気になる方は利用してみるのもよいですね。

まとめ

ルプルプは、色落ちしにくい永久染毛剤ではなく、半永久染毛料を使ったヘアマニキュアタイプの白髪染めです。

低刺激な染毛料を使ったヘアカラートリートメントなので毎日でも使えますし、週に1~2回程度使うことで色落ちを防ぐことができます。
髪が傷んでいて色落ちの心配がある方は、キューティクルを守る工夫やヘアカラー用シャンプーを活用してみましょう。

ルプルプは、初めて使う方専用の「お試しキャンペーン」を開催中です。もし、使用後に色落ちが気になったとしても、全額返金保証が付いているので気軽に試してみてくださいね!

ルプルプ ヘアカラートリートメント
初回限定で39%オフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です