利尻ヘアカラートリートメントの色選び!あなたに合うカラーはコレ

利尻カラー_色選び

髪を傷めずに白髪ケアをしたい方に大人気の、利尻ヘアカラートリートメント。しかし、いざ購入する段階になって悩むのが色選びかもしれません。

そこで今回は、4色ある利尻ヘアカラートリートメントのカラーの特徴や、自分に合う色を選ぶにはどんなポイントを抑えればよいのかを紹介します。さらに、どうしても色選びで迷った方に向けての裏テクもお伝えするので、カラー選びの参考にしてください。

利尻ヘアカラートリートメントの色選びは4色から

利尻ヘアカラートリートメントの色(カラー)は4色あります。カラーチャートによって色の明暗や赤みの強弱で4段階に分けられています。
それぞれどんな特徴があるのか、暗めの色から順番に見ていきましょう。

利尻ヘアカラートリートメント・【ブラック】の特徴

カラーチャートでは、もっとも暗く赤みが弱い位置にあたるのがブラックです。

赤みがなく自然な黒髪に染まるカラー

4色のうち、一番暗めで赤みが抑えられています。真っ黒というよりは、ややグレーがかった自然な黒髪に染まるのが特徴です。
1週間程度経って染毛料が髪表面から色落ちし始めると、やや青みがかった色の髪になることがあります。

利尻ヘアカラートリートメント・【ダークブラウン】の特徴

カラーチャートでは、ブラックの次に明るくやや赤みがある位置にあたるのがダークブラウンです。

落ち着きのあるやや茶色く染まるカラー

利尻ヘアカラートリートメントの中でも、一番使いこなしやすく人気があるカラーになります。黒とこげ茶色を足した感じの落ち着いた黒髪に染まるのが特徴です。

染毛料が落ち始めると、やや赤みがかった色の髪になることがあります。

利尻ヘアカラートリートメント・【ナチュラルブラウン】の特徴

カラーチャートでは、2番目の明るさと赤みがある位置にあたるのがナチュラルブラウンです。

自然な明るさで黄色系ブラウンに染まるカラー

どちらかというと赤みは少なく、黄みを帯びた明るめのブラウン(栗色)に染まるのが特徴です。
染毛料が落ち始めると、やや黄みが強くなってきます。

利尻ヘアカラートリートメント・【ライトブラウン】の特徴

カラーチャートでは、明るさと赤みが一番強い位置にあたるのがライトブラウンです。

明るさと赤み系ブラウンに染まるカラー

利尻ヘアカラートリートメントの中で一番明るい色ではありますが、明るすぎることはなく、赤みのある自然な茶色に染まるのが特徴です。
染毛料が落ち始めると、赤みが強くなってきます。

あなたに合った利尻ヘアカラートリートメントの色選び

自分に合った利尻ヘアカラートリートメントの色選びは、地毛の色よりも一段暗めの色を優先すると失敗しません。また、瞳の色や肌の色によっても合う色があるので、併せて参考にしてください。

【ブラック】がおすすめのタイプ

ブラックは白髪が染まりやすく浮きにくいので、白髪が多い方や長さがある方に向いています。また、地毛の色が黒い方や男性にもおすすめです。
太陽光や蛍光灯など、髪に光があたっても赤みが出ないので、黒髪を求められる職業の方でも違和感なく使えます。

瞳の色:黒、グレー、暗い茶色、グリーン系の茶色
肌の色:黄み

【ダークブラウン】がおすすめのタイプ

ダークブラウンは白髪が染まりやすいことに加え、多くの日本人の髪色に馴染むので、迷ったらダークブラウンを選びましょう。
地毛と根元の白髪との境目がわかりにくいため、受付など頭頂部を人から見られやすい職業の方にもおすすめします。

瞳の色:明るい黒、暗い茶色、グリーン系の茶色
肌の色:黄み

 

【ナチュラルブラウン】がおすすめのタイプ

ナチュラルブラウンは暗さと赤みがやや抑えられているので、すでに明るい栗色に染めている方や、髪色全体をやや明るくエレガントに見せたい方におすすめです。
白髪の長い方やまばらに生えている方は、色落ちしてくるとおしゃれなメッシュのようになります。

瞳の色:明るい黒、暗い茶色、茶色
肌の色:青みを帯びたピンク

【ライトブラウン】がおすすめのタイプ

ライトブラウンは明るさと同時に赤みが強く出るため、白髪部分がほかの部分から少し浮きやすくなります。
白髪が少なめの方や、すでに赤系の毛染めをしている方、華やかな色合いが好きな方におすすめです。

瞳の色:明るい黒、赤みのある黒,明るい茶色
肌の色:青みを帯びたピンク

自分に合う色選びが決められないときの裏テク

どうしても自分に合うカラーがなくて、色選びが決められないこともありますよね。そんなときは、2色のカラーを“交互”に使って調整する裏テクを使ってみませんか。

利尻ヘアカラートリートメントは、髪表面に色を重ねていく染色方法なので、1回目よりも2回目、3回目と、徐々にカラーの色合いが濃くなっていきます。この性質を利用して、カラーの違う2本を交互に使い、好みの色合いを作るワケです。

例えば、ダークブラウンをベースに使い、次に染めるときにはナチュラルブラウンを使うことで、赤過ぎずにほどよく明るい髪色を作れます。

ただし、違う色を一度に混ぜて使うと上手に発色しないことがあるため、メーカーは推奨していません。あくまでも裏テクなので、色違いを交互に使用してみてください。

まとめ

利尻ヘアカラートリートメントの色選びは、地毛の色に合わせて選ぶのが基本ですが、少しずつ色落ちすることを想定し、一段暗めの色を選ぶと白髪が目立ちません。

また、瞳や肌色に合わせて選んでも、よりご自身の魅力をアップすることができます。
公式サイトの初回限定キャンペーンページから購入すると、1本に付き1,000円割り引かれてお得です。さらに、2本以上の購入なら、送料無料+毛染め用コームのプレゼントがもらえます。

1本でも複数本でも定期便の縛りはないので、ぜひこの機会に試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です