プリオール カラーコンディショナーの正しい使い方で効果的に染める方法

プリオール_正しい使い方

「美容室に行くには早いけど、伸びた白髪が気になる」と感じていませんか?

プリオール カラーコンディショナーは「シャンプー時のコンディショナー代わりに使うだけ」と使い方が簡単な白髪ケア製品です。

今回は、プリオール カラーコンディショナーの基本的な使い方から効果的な使い方までを紹介しますので、美髪ケアのアイテムに加えてみてはいかがでしょうか。

プリオール カラーコンディショナー使い方の基本

プリオール カラーコンディショナーの使い方は簡単3ステップ

簡単3ステップ
  1. シャンプーして髪の汚れや整髪料を落としたら、髪の水気をしっかり除去。
  2. 手またはコームで塗布して5分放置したら、すすぎ水に色が出なくなるまでしっかりすすぐ。
  3. ドライヤーでしっかりと乾かしたら完了!

プリオール カラーコンディショナーを使うにあたり用意する物

タオル

タオル

吸水性が高いタオルだと短時間で水分を除去できて便利です。

コーム

ネイルアートをしている方や手のひらに色素が付くのが嫌な方は、コームを使いましょう。根元の白髪を染めやすくなるのでおすすめです。

シャワーキャップ

シャワーキャップは保温して着色効果をアップするために使いますが、面倒な方はなくても大丈夫です。

ドライヤー

ドライヤーでしっかり乾かすことで髪に色素が定着し、色落ちや枕などに色移りしにくくなります。

プリオール カラーコンディショナー使い方の注意点

1.濡れた髪に使う

乾いた髪に使うとより染まりやすいという他社製品もありますが、プリオール カラーコンディショナーは、塗れた髪を想定して製造されていますので、シャンプー後に使いましょう。

2.髪や頭皮にはもみ込まない

髪や頭皮にもみ込む必要はありません。髪の根元に適量を塗布し、毛先に向かって軽くとかすだけで十分です。

3.少しずつ塗布する

使用量は白髪の状態によっても違いますが、ショートは大さじ1杯、セミロングは大さじ2杯程度が目安です。一度に出してしまわずに、必要な分量だけを出して塗布していきましょう。

4.シャンプーの都度使う

プリオール カラーコンディショナーを使わなくなると、数日程度で色味が薄れてくるので、シャンプーの都度コンディショナーとして使いましょう。

プリオール カラーコンディショナーの特徴を知らないと染まらない!?

特徴
プリオール カラーコンディショナーの特徴を知らないと、「なんだかよく染まらない」という感想を持ってしまいがちです。

初めて使う方だけでなく、他社製品で染まりにくかった経験がある方も、プリオール カラーコンディショナーの特徴を知っておきましょう。

プリオール カラーコンディショナーは染毛剤ではない!

プリオール カラーコンディショナーは、一般的な白髪染めのようにジアミンなどの強い染毛剤を使っていないマニキュアタイプなので、一度の使用でしっかり染まることはありません。

多くの化粧品にも配合される「合成着色料」で白髪を着色する、カラーリンスタイプのコンディショナーです。

プリオール カラーコンディショナーはゆっくり白髪が染まる

プリオール カラーコンディショナーは使い始めて3日目ぐらいから色づき始め、7日程度で白髪が目立たなくなる人が多いようです。

色づいたあとは、シャンプー後のコンディショナーとして使い続けることで、色や髪のツヤをキープできます。

コンディショナーで補修&保湿&ハリ・コシUP!

プリオール カラーコンディショナーは白髪ケアできるだけでなく、トリートメント成分やミネラル&コラーゲンを含んだ補修成分、天然海藻エキスの保湿成分が含まれています。

さらに、マイクロクリスタリンワックスというハリ・コシを保つ成分まで配合されています。

白髪ケアと同時に髪のダメージ補修や保湿、ペタンコ髪の悩みまで解消してくれる白髪ケアコンディショナーです。

プリオール カラーコンディショナーの効果的な使い方

効果的な使い方ポイント1:水気はしっかり除去

髪に水気が多く残っていると、染毛料が薄まって染まりにくいだけでなく、塗布したあとに水気と一緒に液垂れしやすくなります。しっかりとタオルドライしてから塗布しましょう。

効果的な使い方ポイント2:コンディショナーは髪に密着させる

コームで根元から丁寧に毛先に向かって梳かしたら、軽く髪を抑えてコンディショナーを密着させましょう。なんとなく塗布するよりもムラなく効果的に染めることができます。

効果的な使い方ポイント3:色づくまでは重ね塗りする

生え際や分け目の気になる部分、白髪が集中している部分は先に塗り、最後に重ね塗りしておくとより効果的に染まります。

効果的な使い方ポイント4:放置時間長め&温める

5分で染まる方はよいのですが、髪質が太い人やキューティクルが健康過ぎて染毛料を弾いてしまう髪質の方は難しいかもしれません。そんなときは、放置時間を10~15分程度と長めにしてください。

また、温まっているほうが着色しやすいので、シャワーキャップを被って頭を保温してみましょう。のぼせないよう、何度かに分けて湯船に浸かって体を温めるとより効果的です。

効果的な使い方ポイント5:カラーケアシャンプーと併用する

シリコンが入ったシャンプーや、洗浄力の強い硫酸系シャンプー、アルカリ性の石鹸シャンプーを使うと、染毛料を弾いて染まりにくかったり、染毛料が取れやすくなったりする可能性があります。

プリオールシリーズのカラーケアシャンプー(ノンシリコン)と併用すると、ヘアカラーの色素や髪本来のメラニン色素が流出するのを防げます。やはり同ブランドで作られたシャンプーは相性がよいので安心です。

過去に、他社製品で染まりにくいことがあった方は、使用中のシャンプーの成分を確認し、該当していればシャンプーも併せて替えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

プリオール カラーコンディショナーはリンス感覚で簡単に使えるので、白髪染めだけの特別な時間も要りません。

資生堂では、数量限定でキャンペーンを開催中です。プリオール カラーコンディショナー本体に、カラーケアシャンプーと特性ブラシまで付いて1,280円(税抜・送料無料)で購入できますが、プレゼント品はなくなり次第終了なので、早めにゲットしてくださいね。

プリオール カラーコンディショナー
お手頃価格なのに送料無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です