プリオール カラーコンディショナーの特徴を知って色落ちさせずに使う方法

プリオール_色落ち

手軽に白髪ケアができるプリオール カラーコンディショナーを購入しようと考えているものの、すぐに色落ちしないか、タオルや洋服に色移りしないか気になっていませんか?

今回は、マニキュアタイプのプリオール カラーコンディショナーはどのぐらい色落ちや色移りするのかについてお話しします。色落ち防止の情報も満載です!

プリオール カラーコンディショナーの色落ち具合は?

プリオール カラーコンディショナーはカラーリンスです!

プリオール カラーコンディショナーは、その名前どおりシャンプー後のコンディショナーとして使うカラーリンスです。

美容室や市販の白髪染め(永久染毛剤)とは違い、髪表面に着色料を重ねていく染め方のマニキュアタイプなので、髪や頭皮に優しいのが特徴です。

お風呂場で使っている最中に、ツンとしたイヤな臭いに悩まされることはありません。フローラルグリーンの爽やかな香りで癒されます。

ただし、髪のメラニン色素を脱色してから色素を入れる永久染毛剤と比べると、どうしても染まり具合や色落ち具合は劣ります。

プリオール カラーコンディショナーを正しく使えば色落ちしない

プリオール カラーコンディショナーは、連続して使うことで髪の色落ちを防げるように作られた製品です。

使わなくなれば徐々に色味が薄くなり、最終的には1週間程度で色落ちしてしまいます。

こうした製品の特徴を知り、できるだけ間を空けずに正しく使用すれば、色落ちで悩まされることはありません。

基本的にはシャンプーの都度使いますが、髪質によっては数回に1回使うだけで色落ちしない方もいます。

プリオール カラーコンディショナーは色移りする?

色移り

髪表面を着色するマニキュアタイプは色移りの可能性あり

プリオール カラーコンディショナーの着色料は髪の内部には浸透しておらず、髪表面に付着しています。

そのため、しっかりすすぎができていなかったり、雨や大量の汗など水分を含んだりすると、タオルや洋服の襟などに色移りすることがあります。

ただ、これはプリオール カラーコンディショナーだけに限らず、マニキュアタイプのヘアカラーは白髪染めのように髪内部に色素を固定していないため、色移りする可能性は否めません。

キューティクルが開いていると色移りの可能性あり

マニキュアタイプの製品が色移りする原因として、キューティクルも関係しています。

キューティクルは、水分やアルカリ性に触れたり、強い摩擦や熱を受けたりすると開きやすくなる性質を持っているからです。

キューティクルが開くと、表面に付着している色素が流出しやすくなり、その結果、タオルや洋服などに色移りします。

また、髪が傷んでいる状態はキューティクルが開いているため、カラーの色落ちや色移りもしやすくなってしまいます。

整髪料やパーマ液などでも色移りの可能性あり

色移りする原因の1つに、整髪料やパーマ液なども関係しています。
プリオール カラーコンディショナーの着色料と化学反応することで、カラーの色落ちや色移りする可能性があるのです。

ただし、美容室などで白髪染めした際でも、パーマ液と化学反応を起こして色落ちや色移りすることがあるので、プリオール カラーコンディショナーに限ったことではありません。

プリオール カラーコンディショナーの色落ちや色移りを予防する方法

予防
プリオール カラーコンディショナーの色落ちや色移りの可能性はゼロではありませんが、ちょっとした工夫で予防することができます。

しっかりと着色させて色落ちを防ぐ

まず、髪の色落ちを予防するためには、しっかりと着色させる必要があります。そのために、事前にシャンプーをして皮脂や整髪料といった汚れを除去しておきましょう。

プリオール カラーコンディショナーを塗布する前にタオルでしっかり水気を取り除いておくと、カラーコンディショナーがより髪に密着するので着色がよくなります。

染毛料を弾きやすい健康毛の方や、過去に類似製品で染まりにくかった方は、放置時間を基本の5分から15分程度に延長し、シャワーキャップで保温するとよりしっかり着色できます。色落ち予防には、確実に着色させることが大切です。

洗浄力がマイルドなシャンプーで色落ちを防ぐ

実は、どんなシャンプーを使っているかで、色落ちの度合いが変わってきます。
ラウリル系成分が入ったシャンプーは洗浄力が強いため、キューティクル表面の着色料を落としやすくなるのです。ラウリル〇〇といった成分が入ったシャンプーを避けることで色落ちを防ぎましょう。

プリオールシリーズでは、カラーケアシャンプーも販売しています。カラーコンディショナーとの併用でカラーの色落ち防止になるだけでなく、髪本来のメラニン色素の流出予防や、艶やかに洗い上げることができます。

髪だけでなく頭皮も丁寧に洗い流して色移りを防ぐ

プリオール カラーコンディショナーをすすぐ際は、髪だけでなく頭皮に付着した着色料もしっかりと洗い流すことで、タオルや枕、衣類への色移りを防げます。

可能であれば、すすぎの最後に温水から冷水に切り替えてキューティクルを引き締めておくと、色素の流出を若干防げます。

髪を丁寧に乾かして色移りを防ぐ

髪に余分な水分が残っていると、着色料が枕やパジャマなどに色移りしやすくなります。色移りを防ぐために、ドライヤーでしっかり乾かしておきましょう

汗や雨は早めに拭いて色移りを防ぐ

汗や雨などの水分が大量に髪に触れると、表面に付着した着色料が流出し、洋服の襟元に色移りする可能性があります。できるだけ早めに水分を拭いて、色移りを防ぎましょう。

まとめ

プリオール カラーコンディショナーはヘアマニキュアタイプなので、若干の色落ちや色移りする可能性はありますが、他社製品と比べて落ちやすい訳ではありません。

また、キューティクルの傷みを補修する成分が入っているので、髪が傷んでいる方でも使い続けることで、カラーの色落ちや色移りの心配はなくなります。

同シリーズのカラーケアシャンプーと併用すれば、色落ちだけでなくメラニン色素の流出も防げて色落ち対策は万全です。

公式キャンペーンページから、プリオール カラーコンディショナーとミニサイズのカラーケアシャンプー、特性ブラシが付いて送料無料で購入できます。ぜひこの機会に試してみてくださいね。

プリオール カラーコンディショナー
お手頃価格なのに送料無料!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です