妊婦は白髪染めできないってホント!?トリートメントタイプなら妊娠中でも安心

妊婦は白髪染めできないってホント

妊婦になって白髪染めを控えていたら、分け目が真っ白に…」というお悩みを抱えていませんか?妊婦さんになると、自分のことよりも白髪染めの成分がなにか赤ちゃんに悪影響を与えはしないかと、お腹の赤ちゃんの無事を一番に考えますよね。

そこで今回は、妊婦さんが白髪染めをする際の注意点や、ダメージゼロの白髪染めトリートメントとはどんなものなのかを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

妊婦が白髪染めしても大丈夫?

妊婦さんが白髪染めをしても胎児に影響はない

「白髪染めは化学物質が入っているから胎児に影響があるのでは?」と心配されるかもしれませんが、妊婦さんが白髪染めをしても大丈夫です。

頭皮を通して染毛剤の成分が母体に吸収される可能性はありますが、胎児への悪影響があるほどの量が吸収されるわけではないので、安心してください。

『白髪染めの染毛剤の成分が血液を通して胎児の奇形を起こした』というデータはありませんし、医学的な根拠もないのです。

シャンプーや化粧品類にも化学物質は含まれていますし、毎日の食卓にのぼる野菜や肉、加工品にも農薬や防腐剤などの化学物質が含まれています。

白髪染めだけを取り上げて神経質になるのは、かえって精神的ストレスを生み出しかねません。

妊婦さんがストレスを抱えると、血流が悪化して十分な酸素や栄養素を胎児に届けにくくなるので、まずは白髪染めしても胎児に影響がないことを知っておきましょう。

妊婦さんの体調の変化で白髪染め剤に反応するほうが問題

それではなぜ「妊婦は白髪染めできない、と美容師から断られた」という情報が耳に入るのでしょうか。それは、胎児への影響ではなく、妊婦さん自身への影響が考えられるからです。

妊娠中は、赤ちゃんを異物と捉えないように免疫が鈍化しています。さらに、皮膚がデリケートになったりニオイに敏感になったりと、妊娠前と比べて体調は明らかに変化しています。

ちなみに、一般的な白髪染めは、1剤に使われる酸化染料(ジアミン系染料など)と2剤の過酸化水素水(酸化剤)の化学変化によって、髪のメラニン色素を一度脱色してから着色します。

特にジアミン系染料はアレルギーを起こしやすい成分なので、それまでアレルギーを起こさなかった方でも、妊娠をきっかけにアレルギー反応やかぶれなどを起こす可能性も。

妊婦さんの体調によっては、こうした薬剤の強さやアンモニア臭に反応して気分が悪くなることがあるため、美容院で妊婦さんの白髪染めを断るケースがあるのです。

妊婦さんが白髪染めする際の注意点は?

妊婦さんが白髪染めする際の注意点は

白髪染めは長時間同じ姿勢でいる点に注意

美容院に妊婦さんが白髪染めに来ることは決して珍しくありません。しかし、美容院での白髪染めは2~3時間程度かかるため、長時間同じ姿勢をとるとお腹が圧迫されたり血流が妨げられたりして、お腹の赤ちゃんにも妊婦さんにもよくありません。

美容院で白髪染めしてもらう際は、ときどき席を立たせてもらうなどして、体調管理に気を付けましょう。特に、お腹が小さいうちは外見から気が付かれないため、きちんと美容師に伝えておくことが大切です。

妊婦さんが敏感な状態にあることをわかっている美容師なら、頭皮を保護しながら白髪染めに影響がないプロテクトクリームを使用する、根元ギリギリは染毛剤を塗らない、などの工夫をしてくれます。

美容院で白髪染めする際は妊娠中期から後期に

妊娠初期はつわりの辛さがあったり、精神的に不安定になったり、血圧が変動しがちな時期。できれば妊娠中期以降に美容院で白髪染めしてもらったほうが安心です。

ただし、妊娠中期は急にお腹が大きくせり出してきます。転倒の危険性や出血のリスクも考えられるので、長距離の移動は控えましょう。

「出産時に髪が真っ白になっているのはイヤ!」という妊婦さんは多くいます。しかし、妊娠後期の大きなお腹で美容院のシャンプー台に昇ったり仰向けになったりするのは体がキツイもの。心配な方は産婦人科医に相談してから美容室で白髪染めしてもらいましょう。

妊婦さんが市販の白髪染めを使う際の注意点

妊婦さんが美容院に行くのはなにかと大変なので、市販の白髪染めを使う方も多いかと思いますが、美容院の毛染め剤と同様に、刺激の強いジアミン系染料が使われていますので、必ずパッチテストを行うことをおすすめします。

もう一点注意したいのは、アレルギー反応を起こしてしまった際に病院で使われるステロイドです。ステロイドは妊婦さんや胎児への副作用のリスクがゼロではありません。

もともとアレルギー体質の妊婦さんや、妊娠してから肌が敏感になっている方は、リスク回避のためにジアミン系染料を含む白髪染めを使わないほうが安心です。

妊婦さんにも優しいホームケアできる白髪染めトリートメント

妊婦さんにも優しいホームケアできる白髪染めトリートメント
美容院や市販の白髪染めには、アレルギーを起こしやすいジアミン系染料が含まれていることを考えると、「もう、白髪染めできない…」とがっかりされるかもしれませんが、妊婦さんにも優しい『白髪染めトリートメント』を使う、という手段もあります。

染料成分の刺激が弱く、自宅で白髪ケアとトリートメントまでできる白髪染めトリートメントの特徴や使い方を紹介します。

素手で触れるほど刺激が少ない白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは多くのメーカーから発売されていますが、美容院や市販の白髪染めに含まれる刺激が強いジアミン系染料を使っていません。

素手のまま髪に塗布できるほど頭皮や髪への負担がないので、妊婦さんにもおすすめです。
また、白髪染めトリートメントは一般的な白髪染めのように混ぜる手間がなく、ツンとしたアンモニア臭もありません。ニオイに敏感な妊婦さんでも、手軽に安心して白髪染めできるメリットがあります。

白髪染めトリートメントの具体的な特徴

刺激が少ない染料を使用

ジアミン系染料の代わりに、天然染料を始め、合成染料の中でも刺激の低い塩基性染料やHC染料、合成着色料などが使われています。

合成着色料というと聞こえが悪いかもしれませんが、特別な染料ではありません。口紅やシャンプーなどの一般的な化粧品にも使われる、安全性が確認されている染料です。

無香料や微香タイプは妊婦さんにも優しい

白髪染めには、アンモニアの刺激臭を和らげるための強い香料が入っていますが、多くの白髪染めトリートメントは無香料や微香タイプが多いので、つわりで辛い時期の妊婦さんでも使いやすいのが特徴です。

髪と頭皮を守りながら白髪を染める

白髪染めトリートメントは、トリートメント成分や美髪成分で髪と頭皮を保護しながら、徐々に白髪を染めるマニキュアタイプです。
髪や頭皮を保護する有名な成分に「昆布エキス」があります。美髪成分としては、ヒアルロン酸やアルガンオイルなどを配合し、各社が工夫を凝らしています。

白髪染めトリートメントだから使い方が簡単

白髪染めトリートメントは、シャンプー後のトリートメント代わりに塗布して、10分~20分程度放置したら洗い流すだけ、と簡単です。

整髪料や汚れがない状態なら乾いた髪にも使えるので、室内の快適な環境下で白髪染めができます。
妊婦さんにありがちな、お風呂場での冷えやのぼせの心配がないのも大きなメリットです。

ただし、マニキュアタイプなので白髪染めのように1回の使用で染まることはありません。最初だけ3日程度連続使用すると、白髪が好みの色に着色されてきます。

その後は1週間に1~2回程度使うことで、妊娠期間中ずっと白髪を気にすることなく過ごせて、ツヤツヤの髪も手に入れられます。

また、出産後はなかなか美容院に行くことができませんが、ホームケアタイプの白髪染めトリートメントなら、白髪が気になったときにサッと使えて大変便利です。

まとめ

妊婦さんだから白髪染めをしてはいけない、ということはありませんが、妊娠中はこれまでよりも肌が敏感になりがちで、体調も不安定になっています。美容院で白髪染めをしてもらう際は、念のため産婦人科医に相談した上で、美容師に妊婦であることを伝えておきましょう。

妊婦さんがホームケアで白髪染めをするなら、市販の毛染め剤よりも頭皮や髪へのダメージがない白髪染めトリートメントを使うことをおすすめします。

妊娠中はもちろん、出産後も白髪のないキレイなママで赤ちゃんを抱っこしてあげたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です