白髪染めトリートメントって黒髪やヘアカラーした髪も染められるの?

白髪染めトリートメント

これから白髪染めトリートメントを使い始める方にとって気になるのは、「白髪以外の黒髪はどうなるの?」「ヘアカラーしてる部分はどうなるの?」といった点ではないでしょうか。

そこで今回は、白髪染めトリートメントを使うと黒髪やヘアカラーしている髪はどうなるのか、よりキレイに染めるための色選びや塗り方についても紹介します。

白髪染めトリートメントを黒髪に塗ったらどうなる?

白髪染めトリートメントで黒髪は染まるの?

一般的な白髪染めは、メラニン色素を脱色してから着色するので、黒髪を様々な色に染めることができます。

それに対して、白髪染めトリートメントは髪表面に染料をコーティングして、徐々に染めていくマニキュアタイプのため、黒髪を様々な色に染めることはできません。

また、黒髪を明るく染めることや、黒髪をさらに暗く染めることも苦手です。
黒髪に塗布した場合、白髪染めトリートメントに含まれる色素で染まってはいるものの、メラニン色素がない白髪と比べると、メラニン色素がある黒髪にコーティングされた染料はわかりにくくなっています。

例えるなら、黒い画用紙にブラックやブラウンのマジックで絵を描いても見えにくいのと似ています。

白髪染めトリートメントで明るい髪色をトーンダウンできる?

すでにヘアカラーで明るい髪色になっている場合、白髪染めトリートメントの暗めの色を選べば、徐々に髪色をトーンダウンさせることは可能です。

白髪染めトリートメントの色は、ブラックやダークブラウン、ブラウンなど、一般的な白髪染めの色に比べ、暗めの色が多いのが特徴。

ただし、ヘアカラーで使われるジアミン系染料とはまったく違う染料(※)で染めるため、シャンプーの都度、髪表面に付着した染料が落ちていきます。
そのため、白髪染めトリートメントを1週間程度使用しなくなると、元の明るい髪色に戻ってきます。

(※)合成染料の中でも刺激が低いHC染料や塩基性染料、合成着色料、天然染料などが使われる。

白髪染めトリートメントで茶色い地毛を黒髪に染められる?

地毛自体が黒色ではなく茶色に近い髪色の場合、白髪染めトリートメントの暗めの色を使うと黒髪に近い色に染まります。反対に、今の髪色よりも明るい色には染まりにくいです。

面接などで地毛の茶色を少しだけトーンダウンしたい時に、白髪染めトリートメントを使っている方もいます。その際は、ブラックやソフトブラックなど、各メーカーの中で一番暗い色を選ぶと、茶色い地毛を黒髪に近づけることができます。

そもそも白髪染めトリートメントは黒髪にも塗るの?

そもそも白髪染めトリートメントは黒髪にも塗るの

白髪染めトリートメントは髪の傷みを修復できる

白髪染めトリートメントは、髪を傷めずに白髪ケアができると同時に、トリートメントとして髪の修復効果も得られる優れものです。

ほとんどの製品には、髪にツヤやハリを持たせる成分や、髪のダメージを修復する成分が含まれているので、白髪がない黒髪部分に塗ってもなんら問題はありません。

むしろ、トリートメント効果によって、使うごとに美しい髪を手に入れられます。コスパを考えるのであれば、気になる白髪部分だけに塗ってもOKです。

白髪が少ない場合の塗り方と色選び

手で髪の毛をめくった際に数本の白髪がある程度の場合は、白髪だけにターゲットを絞って塗るのが難しいので、髪全体に塗るのがおすすめです。

色選びのポイントは、赤みの少ない色で黒髪よりもワントーン暗めを選ぶと、白髪だけが赤く目立つこともなく、周囲の黒髪に馴染みます。

白髪が一部分に固まっている場合の塗り方と色選び

前髪やもみあげ付近など、白髪が一部分に固まっている場合は、染まりやすくするために白髪部分にたっぷりと塗りましょう。周りの黒髪にも軽く塗っておくと馴染みやすくなります。

多くの製品は、塗布したあとの放置時間は10分程度ですが、白髪部分にピタッとラップを押し付けてからヘアキャップとタオルを巻き、時々ドライヤーで温めながら30分程度放置すると、より染まりやすくなります。

白髪染めトリートメントはしっかりと染めるわけではないので、部分的に固まっている白髪を一般的な白髪染めのように完全に黒く染めることはできません。あえてメッシュのように見せるなら、明るめの色を使うとオシャレに見えます。

白髪は明るめに染まる傾向にあるので、できるだけ黒髪部分と近い色にしたい場合の色選びは、地毛の色よりもワントーン暗めの色を選ぶか、製品の中で一番暗い色を選びましょう。

根元のリタッチとして使う場合の塗り方

定期的に白髪染めをしている場合でも、白髪染めトリートメントを次に染めるまでのリタッチとして使うことが可能です。
伸びてきた根元部分だけにたっぷり塗ったら、毛先に向かってコームで梳かして馴染ませておきましょう。

もし、ロングヘアーで毛先が傷んでいるなら、毛先には塗らないようにしてください。傷んでいる部分は他の部分よりも暗く染まる傾向にあるからです。
傷んだ毛先にあらかじめリンスやコンディショナーを塗って保護しておくと、付着したとしても暗くなるのを防げます。

根元のリタッチとして使う場合の色選びは注意して!

選び方
リタッチとして白髪染めトリートメントを使う場合の色選びは注意が必要です。現在使用している白髪染めの色が、「何系の色味が強いのか」を確認してから選ぶ必要があります。

市販の白髪染めを使っている方は、製品の箱の裏などに色味の系統が記載されています。美容院で白髪染めしている方は、美容師に確認してみましょう。

白髪染めトリートメントの色味の系統は大きく分けると、「赤みがあるタイプ」と「黄みがあるタイプ」があります。

現在の白髪染めがオレンジやマロンなど赤系の染料を使っていれば、白髪染めトリートメントも赤みがあるタイプの色を選びましょう。

イエローやゴールドなど黄系の染料なら、白髪染めトリートメントも黄みがあるタイプの色を選ぶと、すでに白髪染めで染まった部分と馴染んでキレイに仕上がります。

まとめ

自分の髪色と似た色の白髪染めトリートメントを髪全体に塗った場合、白髪以外の黒髪部分も染まってはいるものの、黒髪の色はあまり変わらないように見えます。
また、白髪染めトリートメントは黒髪を明るい髪色にするのは苦手ですが、明るい髪色をやや暗めの黒髪に戻すことは可能です。

リタッチとして使う場合は、現在の白髪染めが赤系なのか黄系なのか、色の系統を確認してから、白髪染めトリートメントも同じ系統の色を選びましょう。

白髪が少し目立ち始めた方から、美容院での白髪染めのつなぎとして使う方など、あらゆる年代の方から人気を得ている白髪染めトリートメント。まずは試してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です