マイナチュレ カラートリートメントの使い方はココがポイント!

使い方はココがポイント

マイナチュレ カラートリートメントは、髪や頭皮のエイジングケアまでできるオールインワンの白髪染めです。使い方も簡単なので、これからずっと続く白髪染めが思わず楽しみになるほどです。

今回は、マイナチュレ カラートリートメントの使い方や、キレイに染めるポイントを詳しくご紹介しますので、潤いのある艶やかな髪を手に入れてくださいね。

マイナチュレ カラートリートメントの使い方は簡単5ステップ

マイナチュレ カラートリートメントの基本的な使い方は、「5ステップ」と簡単です。

カラートリートメントの基本的な使い方

ステップ1:シャンプーしてタオルドライ

いつも通りにシャンプーします。そのあとは、髪になにも付けずにタオルドライしてください。水気がポトポト垂れなくなり、毛先がほぐれる程度が目安です。

ステップ2:カラートリートメントを塗布

塗布前に、頭頂部と耳を結んだラインで髪を前後に分けておきます(ブロッキング)。分け目はそのままでOK。

後頭部に白髪が多い場合は、両耳から後頭部中央にかけて親指を滑らせ、上下に2分割しておくと塗りやすくなります。

付属の手袋をはめたら手のひらにカラートリートメントを出し、白髪が気になる箇所から塗り始めます。部分染めではなく全体染めの場合、複数回に出し分けて髪全体に行き渡らせます。

ステップ3:10分間放置

手袋をはめたまま髪全体になじませて、10分間放置します。額から頭頂部へ、もみあげから後頭部へ、襟足から頭頂部へと、かき上げるようになじませましょう。色ムラを防げて染料も定着しやすくなります。

ロングヘアの場合は、カラートリートメントで背中が汚れないよう、毛束をまとめてからクリップで留めておきましょう。

ステップ4:髪に揉み込んでからすすぐ

まずは洗面器にお湯を溜めます。手のひらで少量のお湯をすくったら、両手でカラートリートメントを髪に優しく揉み込みます。これは美容院でも使う「乳化」という方法です。染料が定着しやすくなり、染料の飛び散りによる汚れを防ぎます。

揉み込んだあとはシャワーで髪や頭皮をしっかりすすぎましょう。すすぎ残しがないか洗面器で溜めすすぎをし、色が出なくなればOKです。

ステップ5:ドライヤーで乾かす

タオルで髪の水気を拭き取り、ドライヤーで髪全体をしっかり乾かしたら完了です。

マイナチュレ カラートリートメントの上手な使い方のポイント

ポイント
基本の使い方をマスターしたところで、上手な使い方のポイントも抑えておきましょう。初めて使う方でもキレイに染めることができますよ!

使い方のポイント1:初めて使う際は連続使用

マイナチュレ カラートリートメントは、美容院や市販の白髪染めのように1回で完全に染める方法ではありません。髪や頭皮に極力刺激の少ない染毛料を、髪表面に少しずつ重ねていく染め方です。

使い始めだけは3~5日間、連続して使用するとより色味が定着しやすくなります。定着したあとは、週に1~2回程度の使用で美しい色味を保つことができます。

使い方のポイント2:乾いた髪に塗布

基本はシャンプー後の濡れた髪に塗布しますが、乾いた髪に塗布することも可能です。水気で染料が薄まらないため、より一層白髪が染まりやすくなります。

マイナチュレ カラートリートメントを塗布する前にシャンプーし、ドライヤーで乾かしてから塗布するのがおすすめです。

使い方のポイント3:大胆にたっぷり塗布

初めて使う際はとかく少量を塗布しがちです。節約して少量しか使わないと染まりにくいので、かえってコスパが悪くなります。キレイに白髪を染めるには、カラートリートメントをたっぷり塗布することが大切です。

また、白髪が気になる部分には、最後に重ね塗りするとより染まりやすくなります。

使い方のポイント4:髪質に応じて放置時間を長めに

基本は10分の放置時間ですが、パーマやヘアカラーを一度もしていない健康毛や固い髪質は染料をはじき返す力が強いので、さらに放置時間を長めにするのがおすすめです。

30分程度を目安に放置しましょう。

使い方のポイント5:どうしても染まりにくいときの対処法

使用回数を増やすと効果的

健康毛や固い髪質の場合、なにをどうやっても染まりにくいケースがあります。その場合は、放置時間を長めにすることに加え、カラートリートメントの使用回数を増やしてみてください。

保温すると効果的

塗布後の髪全体にラップを巻いて、キャップ、タオルを被ったら、ドライヤーで熱を加えて保温すると、染料が定着しやすくなります。

暖かい環境が効果的

夏場では、エアコンの冷気が直接あたる場所や冷えすぎた室内で放置していると、染料がなかなか髪表面に定着しません。また、寒い季節には室温を暖かくしておきましょう。

お風呂で白髪染めする場合は、湯船に浸かって体を温めるのも効果的です。

マイナチュレ カラートリートメントの使い方で注意するポイント

トリートメント
マイナチュレ カラートリートメントを使うにあたり、注意するポイントを抑えておきましょう。

注意ポイント1:髪に残留する成分はないか

マイナチュレ カラートリートメントの染まり具合を高めるには、髪に残留する成分を十分に除去しておくことが大切です。

塗布前の髪に、ワックスなどの整髪料や別のマニキュアタイプの白髪染めなどが付着していると、カラートリートメントの成分が定着できないため染まりません。

特に、スプレーなど髪をしっかりと固定する整髪料は、シャンプーしてもキューティクルから除去しにくいものです。カラートリートメント塗布予定の1週間ほど前から、スプレーは使用しないほうがよいでしょう。

また、マイナチュレ カラートリートメントを使う前は、シャンプー後のコンディショナー類の使用も控えましょう。

注意ポイント2:カラートリートメントを洗い残していないか

マイナチュレ カラートリートメントをしっかり洗い流したつもりでも、洗い残しがあるとタオルに付着することがあります。

汚れてもよいタオルであればかえって洗い残しを目で確認できますが、付着したまま放置すると染料が落ちにくくなります。

洗い残しが確認できた際は再度シャワーで洗い流すか、洗面器の溜めすすぎをして色が出なくなるまで丁寧に洗い流しましょう。

注意ポイント3:髪が半乾きではないか

マイナチュレ カラートリートメントを使ったあとはドライヤーで乾かしますが、髪が半乾きや濡れたままで就寝すると、枕などに色移りすることがあります。

後頭部や襟足部分は乾かしにくいので、ドライヤーを動かしながら根元も丁寧に乾かしておきましょう。

注意ポイント4:手や風呂場などの汚れを防ぐには

マイナチュレ カラートリートメントは、しっかり染まるのが特徴なので、手のひらや爪、乾燥したお風呂場などにカラートリートメントが付着したまま放置すると、色が落ちにくくなります。

手や爪の汚れを防ぐためには、あらかじめハンドクリームを塗り、油分で保護してから手袋をするのもおすすめです。また、カラートリートメントを手のひらではなく、コームに乗せてから塗布すると一切汚れません。

マイナチュレのカラートリートメントは染まりがよい分、生え際の皮膚に付着したままだと染まってしまいます。翌日お出掛けの予定がある場合は、あらかじめ油分が多めのハンドクリームやコールドクリームを髪に付けないようにして塗り、皮膚を保護しておけば安心です。

お風呂場や洗面台の汚れ防止には、あらかじめ軽くシャワーで濡らしておきましょう。念のため、髪をシャワーで洗い流したあとにカラートリートメントが付いていないか確認しましょう。もし付着していたとしても、すぐにシャワーで洗い流せばキレイに除去できます。

注意ポイント5:敏感肌や妊娠中の方はパッチテストを

マイナチュレ カラートリートメントは無添加にこだわり、頭皮や髪に優しい低刺激な染料で作られています。

アレルギーテスト済みではありますが、敏感肌の方や妊娠中・授乳中の方はデリケートな状態にあるので、事前にパッチテストをしてから使うことをおすすめします。

まとめ

マイナチュレ カラートリートメントの使い方は簡単5ステップです。

塗れた髪にも乾いた髪にも塗布できます。10~30分の放置中は、保温に心がけて染料を定着させるのがポイントです。ドライヤーで根元からしっかりと乾かして、色移りを防ぎましょう。

「白髪ケア」+「スカルプケア」+「ヘアケア」+「エイジングケア」と、1本で4つの美髪ケアができるオールインワンの白髪染めを、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

初回購入が36%オフで2回目以降も送料無料
マイナチュレの詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です